歴史・沿革

 
 

1912(明治45)年に西武鉄道の前身である武蔵野鉄道が設立されてから100年。
第1号機関車は「ドイツ・クラウス社製」でした。

 

1915(大正4)年に現在の西武鉄道の本流である武蔵野鉄道が開業し、池袋~飯能間が開通。
この地域の人や貨物の流れを一変させた。

 

武蔵野鉄道は1922(大正11)年に池袋~所沢間を直流1200Vで電化。
秩父鉄道とともに私鉄で最初に1000V以上の電化を行った会社として鉄道史に名を残した。

 

1927(昭和2)年に東村山~高田馬場間が開業。同時に東村山~川越(現本川越)間の電化が開始され、これが現在の新宿線の始まりとなった。

 

現在の多摩川線は、多摩鉄道が前身で1927(昭和2)年に(旧)西武鉄道が合併。
多摩湖線は多摩湖鉄道が1928(昭和3)年に国分寺~萩山間で開業したのが始まりです。

 

1946(昭和21)年11月15日、戦前の武蔵野鉄道と西武農業鉄道が一緒になり、現在の名称「西武鉄道」となった。合併や複線化、電化を経て“西武らしさ”が生まれていった。

 

武蔵野鉄道、西武農業鉄道の合併を機会に、電化方式は一般的な1500V、形式・番号も一体的に改番・整理、塗装は(旧)西武鉄道の2色塗り(黄色と茶色)に統一されていった。

 

戦時中は休止となっていた多摩湖や狭山湖の周囲の路線が復活。
このエリアにはさまざまなジャンルの観光・レジャー施設が設けられ行楽地として発展していった。

 

1952(昭和27)年、高田馬場-新宿間が開業。
当時、西武新宿駅は(旧)国鉄新宿東口への延伸のための“仮駅”として位置づけられていた。