きっぷ・年齢区分ほかについて

  • 何歳から乗車券が必要ですか?

    小児用の乗車券は、小学生以上のお子さまより、大人用の乗車券は、中学生以上のお子さまより必要です。
    なお、運賃・料金におけるお客さまの年令区分は以下のとおりです。
    1:大人のお客さま・・・中学生以上
    2:小児のお客さま・・・小学生
    3:幼児のお客さま・・・1才以上6才未満(小学生を除く)
    4:乳児のお客さま・・・1才未満

  • 子ども運賃の計算方法は?

    大人の運賃・料金の半額です。
    ①ICの運賃は1円未満を切り捨てて1円単位とした金額です。
    ②きっぷの運賃は10円未満の端数は10円単位に切り上げした金額です。

    ①【ICの運賃例】:池袋駅~飯能駅間の片道普通運賃463円の場合
    463円の半額→463円÷2=231.5円

    端数の1円未満を切り捨てます。

    ICの場合の子ども用運賃は、231円です。

    ②【きっぷの運賃例】:池袋駅~飯能駅間の片道普通運賃470円の場合
    470円の半額→470円÷2=235円

    端数の5円を10円単位に切り上げます。

    きっぷの場合の子ども用運賃は、240円です。

  • 大人1人または子ども1人で何人まで幼児または乳児を無料で乗車させることができますか?

    乗車券をお持ちの小学生以上のお客さま(団体のお客さまを除きます)に同伴される「幼児のお客さま(1才以上6才未満のお子さま)」は、2名まで無料です。
    ただし、次の場合は幼児のお客さま、または乳児のお客さま(1才未満のお子さま)でも小児の運賃・料金が必要です。

    1. 幼児のお客さまが2名を超えて同伴される場合のその超えた人数

    2. 幼児だけでご旅行される場合

    3. 幼児が団体旅客としてご乗車される場合、または団体旅客に同伴される場合

    4. 特急列車の座席を幼児または乳児だけでご使用になる場合

    【例1】:お母さまが、3才、4才、6才(小学生未満)それぞれ1名のお子さまとご一緒に普通乗車券で片道ご旅行される場合に必要な普通乗車券「大人用普通乗車券1枚」と「小児用普通乗車券1枚」が必要です。

    ご説明:お母さま1名で幼児のお客さま2名まで無料で乗車できます。この場合、3才、4才、6才(小学生未満)それぞれ1名のお子さまという条件ですので、「幼児のお客さま」が3名です。2名を超えた幼児のお子さまは1名ですので、その1名の幼児のお客さまは、小児用普通乗車券が必要です。

    【例2】:お母さまが0才、1才、2才それぞれ1名のお子さまとご一緒に普通乗車券で片道ご旅行される場合に必要な普通乗車券「大人用普通乗車券1枚」が必要です。

    ご説明:0才のお子さまは「乳児」ですので、この場合は1のケースには当てはまりませんので、「幼児」は、1才と2才のお子さまの2名です。

    【例3】:5才のお子さまが1名で片道ご旅行される場合に必要な普通乗車券「小児用普通乗車券1枚」が必要です。 【例4】:5才のお子さまと8才のお子さまが片道ご旅行される場合に必要な普通乗車券「小児用普通乗車券1枚」が必要です。

    ご説明:8才のお子さまは、乗車券をお持ちの小学生以上のお客さまですので、幼児のお客さま2名まではご一緒に乗車できます。 5才のお子さまに対する普通乗車券は不要です。

    【例5】:お父さまとお母さまが、0才の乳児のお客さま1名と5才の幼児のお客さま1名とご一緒に、特急レッドアロー号を4名それぞれが座席を使用して片道ご利用される場合に必要な普通乗車券「大人用普通乗車券2枚」と「小児用普通乗車券2枚」が必要です。

    ご説明:4のとおり、「乳児のお客さま」や「幼児のお客さま」が特急レッドアロー号の座席を使用してご利用される場合は、「小児用」の乗車券が必要です。

  • クレジットカードで乗車券を購入できますか?

    定期券であればクレジットカードで購入することが可能です。その他のきっぷ・回数券などは購入できません。