40000系

 

「人にやさしい、みんなと共に進む電車」をコンセプトにした新型通勤車両で、2017年3月にデビュー。
当社初の「ロング・クロスシート転換車両(一部編成)」、車いすやベビーカーをご利用の方に便利な「パートナーゾーン」を設置し、新たな「車両バリアフリー」を提案しています。また最新技術のモーターを採用するなど、省エネルギー化・低騒音化も図っています。 

第11回 キッズデザイン賞『内閣総理大臣賞』(最優秀賞)受賞!

 

「車いす」や「ベビーカー」をご利用のお客さまや、お買い物・旅行などで「大きな荷物」をお持ちのお客さまにも安心・快適にご利用できるスペース『パートナーゾーン』の導入や、おむつ交換シートを設置した『トイレ』、また車内環境の向上を図るため、空気清浄器を各車両に設置するなど、ご利用いただくお子さま・お子さま連れのお客さま目線のアイデアを取り入れ、優れた移動空間を実現したことが評価され、鉄道車両で初めての『内閣総理大臣賞』受賞となりました。

詳細はこちら

車両情報

ロング・クロスシート転換車両

一部編成の座席が、「ロングシート」と「クロスシート」に転換が可能です。

「パートナーゾーン」を設置

 

車いすやベビーカーをご利用のお客さまや大きな荷物をお持ちのお客さまも安心・快適にお過ごしいただけるスペース。お子さまが車窓の景色を見やすいように従来より窓を大きくし、“電車に乗る楽しみ”をより多くの方に提供しています。

広告用デジタルサイネージ「Smileビジョン」を天井部にも設置

 

客室内の中づり広告をなくし、広告用デジタルサイネージ「Smileビジョン」を設置。17インチディスプレイを2面横に並べ、1両あたり12~16面を設置することで、座席が「クロスシート」「ロングシート」どちらの場合にも見やすくしています。

  • 一部の車両に限ります。

「電源コンセント」の設置

 

座席が主に「クロスシート」の時に使用できる「電源コンセント」を2席に1つ設置。「SEIBU FREE Wi-Fi」と合わせて、インターネットを利用した情報収集などで移動時間を有効活用できます。

「SEIBU FREE Wi-Fi」の導入

 

インターネット環境の整備を推進し、訪日外国人のお客さまの利便性をさらに高めていきます。

トイレの設置

 

長距離区間でも安心してご利用いただけるよう、4号車にはトイレを設置。車いすをご利用のお客さまにも使いやすい広いスペースで、赤ちゃん用のおむつ交換シートも完備しています。

「プラズマクラスター※」を搭載

 

車内の空気を清浄に保ち、より快適な車内環境を実現するため、「プラズマクラスター」を搭載しています。

  • シャープ株式会社の登録商標です。

主要諸元

2017年3月25日現在

固定編成 保有車両数 製造初年

10

60

2017年

車体

扉数(1両片側) 座席配置 サービス設備

4

ロング
クロス

自動放送
案内表示
弱冷房車
パートナーゾーン
多機能トイレ
電源コンセント
SEIBU FREE Wi-Fi
プラズマクラスター

走行装置

モーター出力 kw/h 制御方式 ブレーキ

190

VVVF

空気・回生