6000系

 

東京メトロ有楽町線との相互直通運転対応車として1992年に登場しました。10両固定編成の通勤車両で、車体は当社初のオールステンレス製。VVVFインバータ装置により誘導電動機を駆動するハイテク・省エネ車両です。快適な空調、車内案内表示器、自動放送、ドア開閉予告チャイム、車いすスペースなどのサービス設備も充実しています。
1996年12月からの増備車両は車体をアルミに変更し、車号が6050番台となりました。さらに1998年2月には、台車をモノリンク式にして戸袋窓を廃止することなどにより、さらに軽量化した新型の6000系が登場しました。

車両情報

副都心線化工事の概略

東京メトロ副都心線での運行に合わせ、下記の工事を施しています。(代表的なもののみ)

ワンマン対応、ホーム柵対応

  • CCTV装置
  • ワンハンドルマスコン
  • 運転士/車掌画面 車両制御情報管理装置(TIS装置)
  • 表示灯画面
  • ATO車上子
  • ATO送受信機

旅客サービス向上

  • 前面・側面表示機のLED化

車体前面塗色(白色)

両数内訳(全25編成中)

2017年2月23日現在
  • 6000系改造車・メディア装置搭載車…23編成・230両
  • 6000系未改造車…2編成・20両
  • 30000系車内に設置されている「Smileビジョン」(車内ディスプレイ)と同様の装置を搭載しています

主要諸元

2017年2月23日現在

固定編成 保有車両数 製造初年

10

250

1992年

車体

扉数(1両片側) 座席配置 サービス設備

4

ロング

自動放送
案内表示
優先席
車いすスペース
弱冷房車

走行装置

モーター出力kw/h 制御方式 ブレーキ

155

VVVF

空気・回生

デザインバリエーション

西武鉄道×秩父・本川越 with LAIMO&爽爽猫

©Cherng Licensed by HIM Music © SSM by SECOND / HIM Music

©Cherng Licensed by HIM Music
© SSM by SECOND / HIM Music

「西武鉄道×LAIMO」デザイン電車の第3弾。
2017年10月27日(金)から実施している訪日外国人向け企画「西武鉄道×LAIMO&爽爽猫キャンペーン」のキャラクター「LAIMO」と「爽爽猫」が当社線の観光地である秩父・本川越を紹介するデザインです。

  1. 運行期間:2018年3月24日(土) ~ 2020年3月末(予定)

  2. 編成:6000系10両編成(1編成)

  3. 運行区間:池袋線・西武有楽町線・東京メトロ有楽町線・副都心線・東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線など(予定)