2022-06-20

【ニュースレター】多摩川線は2022年6月20日で全線開通100周年を迎えます!

  • Twitter

  • Facebook

  • LINE

  • URLをコピーしました

 西武鉄道は12路線、総旅客営業キロ176.6kmで旅客輸送を行っております。 その中でも、他の西武線と接続していない路線が1路線だけあります。
それが、2022年6月20日(月)に全線開通100周年を迎える西武鉄道 多摩川線です。

 西武鉄道 多摩川線は、多摩鉄道の路線として、1917年10月22日に境(現:武蔵境)~北多磨(現:白糸台)駅間が開業しました。
その後、1919年6月1日に北多磨(現:白糸台)~常久(現:競艇場前)駅間、1922年6月20日に常久(現:競艇場前)~是政駅間が開通し、現在の全線8.0kmの路線になりました。

 開通当初は蒸気機関車が走っており、旅客輸送のほか、多摩川の河原付近から砂利などの貨物輸送を行っていました。
現在の都立多磨霊園が1923年に開園し、1929年に最寄り駅として多磨墓地前(現:多磨)駅が開業。これにより現在の6駅が揃いました。

 現在は、3ドア4両編成の電車がワンマン運行しており、都市近郊路線では珍しい平日・土休日とも同じダイヤで、武蔵境~是政駅間を12分で運行しています。

西武鉄道 多摩川線の特徴

1. 個性豊かな 多摩川線 各駅ご紹介
2. JR線の線路を使用して車両を輸送?
3. 4種類のデザインの車両が運行!
4. 「西武多摩川線サイクルトレイン」 1周年!

musashisakai
1965年当時の武蔵境駅ホーム
cycletrain
西武多摩川線サイクルトレイン

詳細資料

皆さんの感想をお聞かせください!