TOURIST SPOTTOURIST SPOT

西武秩父線の観光地

沿線にある観光スポットをご紹介!秩父観光はみどころいっぱいです!

西武秩父駅の観光地
  • 秩父神社
    秩父神社
    「三峯神社」、「寶登山神社」と並ぶ秩父三社のひとつで、2100年以上の歴史を持つ秩父地方の総鎮守。現存する社殿は徳川家康が寄進したもので権現造(ごんげんづくり)と言われる建築様式で、埼玉県の有形文化財に指定されています。北辰の梟、つなぎの龍、お元気三猿などの鮮やかな色の彫刻が施された豪華な作りが特徴。有名な12月2日(宵宮)・3日(大祭)に行われる「秩父夜祭」は秩父神社の例大祭として多くの人が足を運びます。
    • 参拝時間
      10〜11・3〜4月 5:30〜20:00、12〜2月 6:00〜20:00、5〜9月 5:00〜20:00
      (授与時間 9:00〜17:00) / 無休
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩約15分
    • TEL
      (0494)22-0262
    • http://www.chichibu-jinja.or.jp/
  • 秩父夜祭
    秩父夜祭
    秩父の師走の風物詩、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、京都の「祇園祭」、飛騨の「高山祭」とともに日本三大曳山祭のひとつで、毎年 12 月2日(宵宮)、3日(大祭)に行われます。2016年には「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む『山・鉾・屋台行事』33件が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。迫力のある秩父屋台囃子に乗って絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が巡行し、冬の澄んだ夜空を花火が彩ります。クライマックスは12月3日の大祭の夜。御旅所(おたびしょ)に着く前の急坂の団子(だんご)坂を、最大20tの山車が曳き上げられるさまは圧巻です。
  • 秩父まつり会館
    • 秩父まつり会館
    • 秩父まつり会館
    京都の「祇園祭」、飛騨の「高山祭」と並ぶ日本三大曳山祭の一つ「秩父夜祭」を、1年中体感できる施設。秩父屋台囃子が流れる中、最新の技術を駆使した光と音の演出で秩父夜祭を再現しています。また、昭和の名工による豪華な屋台・笠鉾など、歴史ある貴重な資料を間近で見ることができます。
    • 開館/休
      4~11月 9:00~17:00、12~3月 10:00~17:00(最終入館いずれも16:30) / 第4・第5火曜(祝日は開館)、年末年始
    • 料金
      おとな500円(団体450円) 小・中学生250円(団体200円) ※団体は25名様以上
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩約15分
    • TEL
      (0494)23-1110
    • http://www.chichibu-matsuri.jp/
  • 西武秩父駅前温泉 祭の湯
    • 西武秩父駅前温泉 祭の湯
    • 西武秩父駅前温泉 祭の湯
    ユネスコ無形文化遺産へ登録された「山・鉾・屋台行事」を代表する「秩父祭の屋台行事と神楽」をはじめ、年間300以上のお祭りがある秩父にちなみ、“祭”をデザインコンセプトとした複合型温泉施設。武甲山を望む解放感あふれる露天風呂をはじめ、高濃度人工炭酸泉やシルク湯、岩盤浴などの入浴施設、わらじかつ丼、秩父そば、ホルモンなどのご当地グルメが楽しめるフードコート、秩父の特産品や銘菓などを販売する秩父おみやげコーナーが併設され、秩父の魅力がたっぷり味わえる施設です。
    • 営業時間
      ●入館・入浴
      月~木・日曜、祝日
      10:00~23:00 (最終受付 22:30)
      金・土、祝前日、特定日
      10:00~24:00 (最終受付 23:30)
      ●宿泊
      金・土曜、祝前日、特定日
      20:00~翌9:00(最終受付 23:30)
      ●朝風呂
      土・日曜、祝日、宿泊日の翌日
      6:00~9:00 (最終受付 8:30)
    • 料金
      ●入館・入浴
      月〜金曜
      おとな(中学生以上)990円  こども(3歳〜小学生)610円
      土・日曜、祝日、特定日
      おとな1,100円 こども730円
      ●朝風呂
      おとな780円 こども510円
      ●宿泊 
      深夜追加料金 2,540円
      プレミアムラウンジ 3,530円(要予約)
      ※宿泊は別途入館料が必要
      ※18歳未満(高校生含む)利用不可
    • アクセス
      西武秩父駅直結
    • TEL
      (0494)22-7111
    • https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/index.html
  • 秩父札所三十四ヶ所観音霊場
    • 秩父札所三十四ヶ所観音霊場
    • 秩父札所三十四ヶ所観音霊場
    1234(文暦元)年甲午3月18日開創と伝わる秩父札所三十四ヶ所観音霊場。江戸時代には巡礼の道が整備され、多くの江戸庶民がこの地に訪れたといわれています。秩父盆地の街中、静かな山村、民家の間に点在する34カ所のお寺を訪ねる巡礼の道のりは約100㎞。季節を感じる田園地帯など里山の風景を見ながら巡る道中は目も楽しませてくれます。行程に路線バスを組み込みながら、数日間に分けるなどして、無理のない巡礼の旅を楽しんでみてはいかがですか。
    • 納経時間
      3〜10月 8:00〜17:00、11〜2月 8:00〜16:00 ※12:00〜12:30 昼休憩 / 無休
    • 料金
      無料 ※ご朱印200円 書入れご朱印300円
    • アクセス
      西武秩父駅から西武観光バス皆野駅行「札所一番」下車徒歩3分 (1番札所四萬部寺)
    • TEL
      (0494)25-1170(秩父札所連合会)
    • http://chichibufudasho.com/
  • 柳田総本店 武甲酒造
    • 柳田総本店 武甲酒造
    • 柳田総本店 武甲酒造
    江戸中期・1753(宝暦3)年創業の老舗酒蔵。国指定有形文化財に登録の、江戸時代後期に建てられた店舗には、ミネラル豊富な武甲山の伏流水と、伝統と名杜氏の秘技に育くまれた銘酒「武甲正宗」などの地酒が並びます。営業時間は内井戸を開放しているので仕込み水を飲むことができます。10名以上で見学後に利き酒を楽しめる酒蔵見学(予約制 8:00~16:30 所要40分、1月1日・12月3日は中止)を無料で行っていますが、少人数でも団体客と一緒に参加できる場合もあるので確認してください。
    • 営業/休
      8:00~17:30 / 1月1日・12月3日
    • 料金
      酒蔵見学は無料(8:00~16:30 約40分)
      ※10名以上で要予約。少人数でも参加できる場合あり(1月1日、12月3日は休業)
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩約15分
    • TEL
      (0494)22-0046
    • http://www.bukou.co.jp/
  • 番場通り
    番場通り
    西武秩父線から徒歩5分の秩父鉄道御花畑駅から秩父神社に続く参道は「番場通り」と呼ばれ、石畳みが敷き詰められた通り沿いには大正後期から昭和初期にかけて建てられたモダンな建物が多く残されています。手作りメンチカツが自慢の老舗精肉店や古民家レストラン、おしゃれなカフェが点在し、散策を楽しむことができます。
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩5分(番場通り入口)
  • ちちぶ銘仙館
    • ちちぶ銘仙館
    • ちちぶ銘仙館
    大正から昭和初期にかけて、鮮やかで大胆なモダンデザインで人気を博した「秩父銘仙」。1920(昭和5)年に建てられた旧埼玉県秩父工業試験場を利用した館内では、「秩父銘仙」の歴史や製作工程、製造を支える織物機械が紹介されているほか、事前予約で織り機を使った手織りや藍染め、型染など体験が楽しめます。販売ブースでは反物からストールやコースターなどの「秩父銘仙」で作られた小物の製品を買うことができます。
    • 開館/休
      9:00〜16:00 / 年末年始
    • 料金
      おとな210円 小・中学生100円
      ●体験
      手織り体験、型染 各1,000円
      藍染め 1,300円など
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩5分
    • TEL
      (0494)21-2112
    • http://www.meisenkan.com/
  • 羊山公園 芝桜の丘
    羊山公園 芝桜の丘
    秩父市の東側に位置し、県立武甲自然公園の西北部に含まれる羊山公園。その南側の斜面に秩父の春の名所「芝桜の丘」があります。約17,600㎡の広大な敷地には、4月中旬から5月上旬にかけて9種類40万株以上の芝桜が咲き誇ります。満開時にはピンクや白、紫色の花々がパッチワークの花のじゅうたんを創り出し、その光景は圧巻です。
    • 開園/休
      自由散策(芝桜の丘は開花期間中 8:00〜17:00) / 無休
    • 料金
      無料(施設により有料の場合あり。芝桜の丘は開花期間中は有料)
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩約20分、または横瀬駅から徒歩約20分
    • TEL
      (0494)25-5209(秩父市観光課)
    • https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1808/
  • 秩父今宮神社
    • 秩父今宮神社
    • 秩父今宮神社
    秩父霊場発祥の秩父今宮神社。古来より武甲山の伏流水が湧き出だしている「龍神池」に、「水神」を祀ったのがはじまりとされており、その歴史は1300年以上といわれています。「龍神池」の水は秩父神社でおこなわれる御田植神事にも用いられ、毎年4月4日の水分(みくまり)神事で授与される神聖な水。境内中央に鎮座する樹齢1000年は越えるケヤキのご神木・龍神木とともにご利益を授かりに参拝客が訪れます。
    • 参拝時間
      自由参拝(授与時間 9:00〜16:30) / 無休
    • アクセス
      西武秩父駅から徒歩10分
    • TEL
      (0494)22-3386
    • http://www.imamiyajinja.jp/
  • 秩父錦 酒づくりの森
    • 秩父錦 酒づくりの森
    • 秩父錦 酒づくりの森
    1749(寛延2)年の創業以来、秩父で長く愛されている矢尾本店の「秩父錦」。秩父の豊かな自然に囲まれた「酒造りの森」では醸造工場と、創業当時の酒造り道具が展示されている資料館、利き酒をしながらお気に入りのお酒を買うことができる物産館が併設されています。少人数であれば清酒醸造蔵見学もできます。
    • 営業/休
      9:00〜17:00(酒蔵資料館 9:00〜16:30) / 火曜・年末年始
    • アクセス
      西武秩父駅から循環バス「ぐるりん号」で「酒づくりの森」下車徒歩1分
    • TEL
      (0494)22-8787
    • http://chichibunishiki.com/
  • 秩父ミューズパーク
    • 秩父ミューズパーク
    • 秩父ミューズパーク
    秩父の自然の中でアクティビティからグルメ、温浴施設まで楽しめる秩父ミューズパーク。秩父盆地の西側、長尾根(ながおね)丘陵にあり、面積271.3ha、南北全長3.3kmの広大な敷地には、四季折々の自然に親しむハイキングコース、テニスコート、F1リゾート秩父、フォレストアドベンチャーなどの楽しい施設が凝縮されています。話題の秩父産メープルシロップを作っているシュガーハウス「MAPLE BASE」は園内にあり、秩父の恵みとともにいただけるカフェを併設しています。園内は広いので北口と南口にあるサイクリング貸出所で自転車を借りての移動がおすすめです。
    • 営業/休
      施設により異なります
    • 料金
      無料 ※一部施設は無料
    • アクセス
      西武秩父駅から秩父ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」で約20分(ミューズパーク南口バス停) ※ほか、園内にスポーツの森、ミューズパーク中央、音楽堂・野外ステージ、旅立ちの丘にバス停があり
    • TEL
      (0494)25-1315(秩父ミューズパーク管理事務所)
    • http://www.muse-park.com/
ページ上部に戻る