紅葉・イチョウ

昔は、秋になって楓(かえで)の葉が色づく様子を指して「もみつ(黄葉つ)」と呼ばれ、それが名詞の「もみじ」へと変化したのだそうです。そのため「もみじ」という植物はなく、カエデ属の葉っぱが赤や黄色に変わった状態を「もみじ」と呼びます。

花の見ごろ

11月中旬~12月上旬

花ことば

『節制』、『大切な思い出』

花の見ごろは気象条件により変わることがあります。

大変長寿であることで知られているイチョウ。漢字表記では『銀杏』の他、『公孫樹』の名もあり、孫の代に実がなる樹という意味もあるそうです。
日本に渡来したのは平安時代頃とされ、今では見事な黄葉を見せることから見頃である秋には街路樹として非常に多くの場所で見ることができます。

花の見ごろ

10月下旬~11月中旬

花ことば

『長寿』、『荘厳』

花の見ごろは気象条件により変わることがあります。

花さんぽスポット

長瀞の紅葉

長瀞の紅葉

昼間は岩畳周辺で秩父赤壁と呼ばれる絶壁と山一面に広がる紅葉のコントラストを楽しむことができます。水面に映る色鮮やかな紅葉はまさに自然の見せる絶景です。
夜になれば月の石もみじ公園や寶登山神社でライトアップが行われます。昼と違う紅葉の姿は幻想的。

電話

0494-66-0307(長瀞町観光案内所)

秩父ミューズパーク

秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークの中を約3kmにわたって延びるスカイロード。その両サイドを約500本のイチョウが鮮やかな黄色に彩ります。
黄葉のトンネルを歩くもよし、展望台から秩父の秋の街並みを眺めるもよし。
さぁ、秋のおさんぽを楽しみましょう。

住所

埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518

アクセス

『西武秩父』駅からミューズパーク循環バス『ぐるりん号』乗車約25分
西武鉄道乗換案内

電話

0494-25-1315(秩父ミューズパーク管理事務所)

pagetop