かわら版 2017年10月号
4/16

ホームの安全設備踏切の安全設備ホーム上で、お客さまや列車運行への危険がある場合、列車の運転士に知らせる装置です。列車とホームの間が広く空いている駅のホーム側面に、くし型のゴムを設置し、隙間を狭めています。ホームからの転落や列車との接触を防止し、お客さまにホーム上での安全を提供します。転落防止ゴム列車非常通報装置ホームドアボタンを押すと、ブザーが鳴ると同時に列車に停止信号を現示します。当社線すべての踏切に設置しています。踏切支障報知装置遮断かん屈折ユニット・スリット形遮断かん検知能力の高い障害物検知装置の実証 内方線付き点状ブロック積極 さまざまなを通じ 設備130mm新設既設特集お困りのお客さまが安全に、安心して駅や電車をご利用いただけるよう、鉄道事業者などと連携して実施しています。係員が積極的にお声かけを行うことはもちろん、鉄道をご利用のお客さまにもご協力をいただけるよう呼びかけています。既存の装置より検知能力の高検知装置を、池袋第8号踏切に実証試験を行っています。踏切で取り残された場合に脱出しやすいよう、一部の踏切で導入しています。お困りのお客さまの安全・安心のために「声かけ・サポート」運動を実施目の不自由なお客さまに対してホームの内側をお知らせしています。03

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る