DIVE! CHICHIBU 神の水に潜れ!

名水編

数多くの神話が残る山々に四方を囲まれた秩父では、
降り注いだ雨雪が
山肌にしみ込み、自然にろ過され、
清冽な伏流水となってあちらこちらから湧き出ています。

そうして生まれた秩父地域の名水は、温泉をはじめ、
酒づくりなどにいかされており、
清らかな
自然の恵みを体感することができます。

-MOVIE-

秩父の龍神伝説

秩父市内を見下ろすようにそびえ立つ武甲山。
秩父今宮神社の池にはその武甲山の伏流水が湧いており、畑に恵みをもたらすとして
春先の「御田植祭」にてその水を龍神様として大切にお迎えします。

収穫を終えた12月には、「秩父夜祭」にて豊作への感謝を込めて
龍神様を天に送り還すのがならわし。そうして古くから秩父の人々は恵みを
与えてくれる水を、神様として祀り、大切に守ってきました。

温泉

古くから温泉地として親しまれてきた
歴史をもつ秩父。江戸時代には特定の秩父の7つの
温泉を指して「秩父七湯」と呼称がつくほどでした。
今でも観光客や湯治客だけでなく、霊場三十四箇所
巡りに訪れる巡礼者の疲れを癒しています。

MAP

日本酒

秩父は盆地になっており、夏は30度を超え、
冬は氷点下を下回るこの寒暖差の激しい気候が
酒造りに非常に適した環境といわれています。
そうした気候条件と山々から湧き出る良質な水が
秩父の名酒を生み出しています。

MAP
秩父ろまんCopyright © SEIBU Railway Co.,LTD. All Rights Reserved.