飯能駅リニューアルデザインコンペ

飯能駅リニューアルデザインコンペ 結果発表

 飯能駅リニューアルコンペはフィンランド国内のデザイナーを対象にフィンランド大使館を通じて公募を行い、13社のデザイン会社からご応募をいただきました。
 コンペ審査委員会による厳正なる審査の結果、最優秀作品1点、優秀作品1点、入選作品1点を選定しました。

■最優秀賞(1位)
 最優秀賞受賞者:「N.E.O Ark(ネオ アーク)」
 デザインコンセプト「Sykli(サイクル)」

自然環境のサイクルと人間の動きを対比させたデザイン。空間全体を使って、観光客も地域住民もそれぞれ行きたい方向に誘導できる環境を創ることを目指したデザイン。

最優秀賞受賞者:「N.E.O Ark(ネオ アーク)」 デザインコンセプト「Sykli(サイクル)」

■優秀賞(2位)
 最優秀賞受賞者:「Kuudes Helsinki(クーデス・ヘルシンキ)」
 デザインコンセプト「森の隠された宝物」

驚きのある組み合わせとコントラストを融合させ、飯能駅の利用者にユニークで特別な体験を創る。他にはないこの駅に隠されたサプライズにより、飯能に来るたびに、初めて訪れる場所のように感じるデザイン。

■入選(3位)
 入選者:「LINDROOS ARCHITECTS & Futudesign」(リンドロースアーキテクツ&フツデザイン)
 デザインコンセプト「水と森」

飯能エリアの自然に着想を得た一連の空間的な建築物。プラットホームを水、コンコースを森に分け、デザイン言語を地元の西川材の輪切りをベースとし、シンプルな円形で慌ただしい駅にシンプルらしさをもたらすデザイン。

入選者:「LINDROOS ARCHITECTS & Futudesign」(リンドロースアーキテクツ&フツデザイン) デザインコンセプト「水と森」

飯能駅リニューアルデザインコンペのこれまで

1.コンペ参加者の公募

 ・2017年6月にコンペ募集要項(概要版)を、フィンランド大使館商務部を通じてフィンランド国内にて公示
 ・2017年8月にコンペ募集詳細要項書を、フィンランド大使館商務部を通じてフィンランド国内にて公示

★コンペ参加者を公募した結果、フィンランド国内のデザイナー13社が正式に参加決定
 【コンペ参加者一覧】
  ・Mps Oy / Ivana Helsinki
  ・Pinto Design
  ・Studio Puisto Architects Ltd.
  ・ALA ARCHITECTS
  ・Parviainen Arkkitehdit Oy Ltd
  ・KUUDES HELSINKI
  ・Lindroos Architects and Futudesign
  ・Design Office KOKO3 Ltd
  ・ARKKITEHDIT SOINI & HORTO OY
  ・BOND
  ・Design Studio Muotohiomo
  ・Ateljé Sotamaa
  ・N.e.o ark Oy

2.一次審査

 2017年9月中旬、審査委員会にて1次審査を実施。コンペ参加13社のうち、1次審査通過の3社を決定。

★1次審査通過者決定
  ・KUUDES HELSINKI
  ・Lindroos Architects and Futudesign
  ・N.e.o ark Oy

3.一次審査通過者の発表(フィンランド国内)

 2017年10月初旬にフィンランド国内にて、2次審査の詳細説明会を実施。合わせて、フィンランド大使館にてメディアプレスをおこない、西武鉄道株式会社と1次審査通過デザイナーが、フィンランドメディアから取材を受けました。

【説明会の様子】

【メディアプレス発表の様子】

4.一次審査通過者(フィンランドデザイナー3社)の飯能駅視察を実施

最終提案資料を作成するにあたり、2017年11月初旬に飯能駅の視察を行いました。実際に飯能駅を見て、飯能の街、雰囲気を感じたうえで最終提案資料を作成するために、フィンランドデザイナー3社が訪日し、飯能駅及び飯能エリアの視察を行いました。

【視察の様子】

5.二次審査 審査委員会の実施

2017年12月初旬に、二次審査参加者(フィンランドデザイナー3社)からの最終提案資料を基に、新宿プリンスホテルにて審査委員会を実施しました。厳正な審査の結果、最優秀作品、優秀作品、入選作品を決定しました。

【審査委員会の様子】