ご挨拶

 

「安全・安心」を第一に、
時代をとらえた新しいサービスを提供し続けます。

 2020年4月より代表取締役社長に就任いたしました、喜多村樹美男でございます。
 西武鉄道は前身である武蔵野鉄道の会社設立以来、地域・社会とともに100年を超える年月を歩みながら、安全・安心を第一にさまざまな取り組みを推進してまいりました。特に近年では、西武鉄道の次世代を担う新型特急車両Laviewの運行開始、池袋線と新宿線の重要な交通結節点である所沢駅及びその周辺エリアの開発、さらには沿線各自治体や沿線に拠点を置く企業や大学との各種連携など、多くの取り組みが順調に進捗しております。今後もこれまで同様、皆さまのご理解・ご支援を賜りながら、地域・社会の発展に貢献していく、という重責を担うことに、誠に身の引き締まる思いです。
 当社が掲げるコーポレートメッセージ「あれも、これも、かなう。西武鉄道」は、幅広い魅力を持つ西武線沿線で、お客さまが「かなえたい」と思う夢や希望を「かなえていこう」という、当社の前向きな姿勢と強い想いを表現したものです。このメッセージのもと、「安全・安心」を第一に、便利で心地よいサービスを追求しつつ、お客さまのライフタイムに寄りそう鉄道会社であるべく、時代とともに変化する価値観やニーズをとらえた新しいサービスを提供し続けていけるよう、事業を進めてまいります。
 これからも、お客さまへの感謝の気持ちを忘れずに、さらなる沿線価値向上により、誇りをもっていただける西武線沿線を目指して、邁進してまいります。
 引き続き、皆さまのご支援・ご鞭撻をよろしくお願い申しあげます。

西武鉄道株式会社 代表取締役社長