西武鉄道

未来へ進む新宿線

新宿線には、関東有数の観光地である川越や、近年の再開発で利便性が高まっているリビングタウン所沢など、魅力あふれる場所がたくさんあり、可能性は無限大です。さらなる発展に向け、取り組んでいるさまざまな事業をご紹介します。
進化し続けていく新宿線にどうぞ、ご期待ください!

新宿線とは?

西武新宿と高田馬場をターミナルとして本川越・拝島方面に延びる路線と、国分寺を起点に網の目状に路線を張り巡らせる新宿線。
2ヵ所で連続立体交差事業が進行中で、これから開発が加速する将来が楽しみな路線です。

進行中のプロジェクト

新宿線連続立体交差事業の推進

踏切での慢性的な交通渋滞を解消し、道路と鉄道の安全性を高めるために、線路を地下化・高架化する工事を進めています。
事業が完了すると、鉄道により分断されていた地域の一体化も図られるほか、 駅前広場などの整備も促進されます。
より暮らしやすい沿線づくりの実現のため、事業を推進します。

01

中井~野方駅間連続立体交差事業

新宿線の中井駅付近から野方駅付近までの約2.4kmについて鉄道を地下化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化します。

中井~野方駅間連続立体交差事業

02

東村山駅付近連続立体交差事業

新宿線、国分寺線および西武園線の東村山駅付近の約4.5kmについて鉄道を高架化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化します。

東村山駅付近連続立体交差事業

井荻~西武柳沢駅間および野方~井荻駅間連続立体交差計画の早期事業化に向けた準備

井荻~西武柳沢駅間および野方~井荻駅間の連続立体交差化計画の早期事業化に向けて、事業主体である東京都や地元自治体と協力し、新宿線沿線の安全性・快適性向上に努めます。

「西武新宿駅と東京メトロ丸ノ内線新宿駅をつなぐ地下通路」の整備

西武新宿駅からつながる新宿サブナードとメトロプロムナードを結ぶ、新しい地下通路整備に向けた検討・協議を進めています。本通路の開通により、西武新宿駅を利用されるお客さまの新宿駅(JR線・東京メトロ丸ノ内線)との乗換利便性およびまちとまち、駅とまちの回遊性向上を目指していきます。

ニュースリリースはこちら

これまでのプロジェクト

西武鉄道が取り組んできた新宿線に関する取り組みを紹介します。