2022-05-02

2022年5月7日(土)より 「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」 記念企画を展開します!

  • Twitter

  • Facebook

  • LINE

  • URLをコピーしました

 西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:喜多村 樹美男)は、日本の鉄道開業150周年を迎える今年2022年に創立110周年を迎えるにあたり、「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」にちなんださまざまな取り組みを2022年5月7日(土)より実施します。

 2022年は、当社の前身である武蔵野鉄道が1912(明治45)年に設立以来、110周年を迎えるとともに、日本で初めて鉄道が開業した1872年10月14日から、150周年を迎える記念すべき年です。当社では、この両周年を記念し、沿線にお住まいの皆さまやご利用のお客さまとともに、長い歴史を歩むことができたことに感謝し、さまざまな記念イベントやキャンペーンを実施します。

 当社の創立記念日である5月7日(土)から、「西武鉄道創立110周年×鉄道開業150周年」記念エンブレムの着用を開始するほか、同日11時には「これまでの感謝の気持ち」と「これからも地域のために走り続ける」という想いを込め、西武線を走るすべての列車で一斉に気笛の吹鳴を、12時20分頃には西武秩父駅付近にて「SLパレオエクスプレス×Laview」コラボ吹鳴を実施します。また、6月上旬に武蔵丘車両検修場での開催を予定する電車フェスタを、周年企画イベントとして実施する予定です。今後も、記念イベントや西武園ゆうえんちなどの沿線施設でのキャンペーンを、2023年3月まで展開してまいります。

「西武鉄道創立110周年×鉄道開業150周年」 記念エンブレムデザイン
「西武鉄道創立110周年×鉄道開業150周年」 記念エンブレムデザイン

詳細資料

皆さんの感想をお聞かせください!