保線技術係

 
名前

増永 航

所属部署

工務部保谷保線所

卒業学科

八女工業高等学校土木科卒(福岡県)

  • 写真・所属部署は取材当時のものです。

インタビュー

どのような仕事をしていますか?

 

線路の状態を点検し、お客さまが安全に、安心して、快適に電車をご利用いただけるよう、レールを交換する作業や、電車の揺れを少なくするための保守・整備を行っています。

この仕事を選んだ理由は?

高校3年間で学んだ専門知識を生かせる仕事で、人の役に立つ仕事に就きたいと考えていました。鉄道の仕事はお客さまを安全に目的地までお届けするという大きな責任があるということで、この仕事を選びました。

職場の雰囲気を教えてください。

区長、係長をはじめ、上司・先輩の指導でコミュニケーションを密にとりながら保線の技術を学び、作業を行う時も一致団結して行動する、チームワークの良い職場です。

仕事のやりがいは何ですか?

電車が通る合間の時間という限られた時間の中で線路を保守するため、大変な仕事ですが、保守・整備をした後に、快適で乗り心地の良い電車を安全に通すことができた時にやりがいを感じます。

今後の目標を教えてください。

まだまだ知らないことが多く、勉強することがたくさんあるので、ベテランの先輩方に負けないくらい努力して頼られる先輩になりたいと思っています。

学生の方へのメッセージをお願いします。

何事にも常に向上心を持って取り組んでください。保線の仕事は外での作業が多いので、体力も必要です。向上心を持って勉強し、自分自身で体調管理もできるように気をつけてください。