101系

101系

101系

1969年の西武秩父線開業に合わせて登場しました。3ドア車体の通勤車両で、山岳区間の運転からラッシュ輸送まで幅広く対応できる車両性能を備えています。特に主電動機は150KWという強力なもので、抑速ブレーキ付発電ブレーキと相まって山岳区間を安全に運転しました。これらの性能は10000系特急車両まで踏襲されています。現在は多摩川線・多摩湖線ワンマン運転区間で主に運行しております。

主要諸元

2017年2月23日現在

固定編成 保有車両数 製造初年

4

40

1968年

車体

扉数(1両片側) 座席配置 サービス設備

3

ロング

優先席
弱冷房車
(8両編成およびワンマン車両)
車いすスペース
(ワンマン車両の一部)
案内表示
(ワンマン車両の一部)

走行装置

モーター出力kw/h 制御方式 ブレーキ

150

抵抗

空気・発電・抑速

デザインバリエーション

赤電

 

多摩川線開業100周年イベントの際に集まったご要望にお応えし、西武鉄道で昔活躍していた701系のデビュー当時の色である「レッド×ベージュ色」の赤電色(通称:赤電)の復活塗装を施しています。

  1. 運行期間:2018年1月24日(水)~当面の間
  2. 編成:247編成(4両)
  3. 運行区間:多摩川線

ツートンカラー「イエロー×ベージュ」

 

多摩川線開業100周年イベントの際に集まったご要望にお応えし、101系車両のデビュー当時の塗装色であるツートンカラー「イエロー×ベージュ色」を施した車両です。

  1. 運行区間・期間:
    多摩湖線 2018年3月24日(土)~2018年4月6日(金)(予定)
    多摩川線 2018年4月18日(水)~当分の間(予定)
  2. 編成:249編成(4両)

伊豆箱根鉄道創業100周年コラボレーション色電車

※現在ヘッドマークは取り外しております

※現在ヘッドマークは取り外しております

多摩川線の開業および伊豆箱根鉄道の創立が100周年を迎えるにあたり、コラボレーション企画として西武鉄道101系に伊豆箱根鉄道1300系と同色を施した車両です。

  1. 運行期間:2018年1月24日(水)~当面の間
  2. 編成:261編成(4両)
  3. 運行区間:多摩湖線